Q.EDってなんですか?
A.ED(イーディー)とは「勃起機能の低下」を意味し、「勃起障害」あるいは「勃起不全」とも呼ばれます。 専門的には、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と定義されています。
Q.男性であれば、ED(勃起不全)になる可能性はありますか?
A.:可能性はあります。下記の要因があげられます。
1. 心理的なストレス
ストレス、不安、うつなどがあげられ、最近は20代の方からのご相談も増えてきています。
2. 血管や神経に障害がある場合
年齢が上がるとともに糖尿病や高血圧などの生活習慣病を患う人が増え、EDになる割合が高くなります。
3.生活習慣病
糖尿病や心臓病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病によるEDです。
4.神経系の障害
脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などの疾患によりEDになることがあります。
Q.ED治療薬を服用するタイミングはいつですか?
A.ED(勃起不全)は、必ず性行為の約1時間前に服用して下さい。
Q.ED治療薬を続けて服用しても大丈夫ですか?
A.ED治療薬を処方された量以上に服用しても、それ以上の効果は期待できません。
用法を守らないと新たな副作用が出ることがありますので危険です。
1日1回の服用回数をしっかり守り、次回服用までは必ず最低でも24時間空けて下さい。
Q.ED治療薬を服用すると何もしなくても勃起しますか?
A.ED(勃起不全)の薬を飲んでも性的刺激がなければ勃起しません。感覚として、自然な勃起状態になります。性的刺激があると勃起し、性的刺激がなくなると普段の状態に戻ります。
Q.ED治療薬を服用すると性欲も増しますか?
A.ED(勃起不全)治療薬は、性欲が増す薬ではありません。
Q.ED治療薬の副作用にはどんなものがありますか?
A.「顔のほてり(高揚感)」、「頭痛」などが主な副作用と言われていますが、顔のほてり(高揚感)については、血流が良くなるためですので問題ありません。
Q.他の薬と合わせてED治療薬を服用できますか?
A.ED(勃起不全)治療薬とニトログリセリン(心臓の薬)との併用はできません。また、その他の薬でもED治療薬の服用との併用ができない薬もあります。
もし服用中の薬がある場合には、事前に必ず医師にお伝え下さい。
Q.ED(勃起不全)治療は、健康保険の対象になりますか?
A.ED(勃起不全)治療は、厚生労働省の指定する保険適用の疾患の中には入っておらず、「自由診療」になります。そのため、ED(勃起不全)治療は、健康保険の対象には なりません。
■個人輸入販売について
EDのお薬はインターネットで検索すると、個人輸入のサイトを非常に多く見かけます。 しかし、海外から医薬品を個人輸入する場合、その品質は保証されているとは限らず、 偽造医薬品の可能性もあります。 偽造されたED薬は、不純物混入等により健康を損なうこともあり、非常に危険です。
診療科目
包茎手術早漏改善(亀頭強化術)長茎術亀頭増大シリコンボール陰茎増大亀頭周辺のぶつぶつ勃起不全(ED)性病・性感染症(STD)他院包茎手術痕修正
水戸中央美容形成クリニック 0120-007-683 茨城県水戸市宮町1-3-38駅前中村ビル8F
水戸中央美容形成クリニック関連サイト
医療レーザー脱毛医療レーザー脱毛サイト多汗症ワキガ水戸中央美容形成クリニックMen's
水戸中央美容形成クリニック 包茎手術専門サイトAGA(男性型脱毛症)プロペシア/発毛治療HARG
水戸中央美容形成クリニック 美容外科男性髭(ひげ)脱毛サイト